第2回 「その場にあった衣装」を選んではいけません!

こちらの記事は、男子専科 STYLE に寄稿させて頂いている記事のリバイバル版です。
 
 
こんにちは!
 
「あきざくら」代表の山村沙世子です。
 
 
第2回目のコラムもご覧頂き、とっても嬉しいです。
 
1回目は概論をお伝えしたので、早速今回から3回に分けて、男性の着物の種類についてお伝えしていきます!
 
 
今回のテーマは、「男性の着物の種類 -礼装・略礼装-」です。
 
 
最初に、着物の種類を学び、活かしていくにあたって、何より1番押さえておいて欲しいことをお伝えします。
 
それは何かと言うと、
 
「その場の価値を最大化する衣装」を選ぶ
 
です。
 
 
詳しくお話すると、、、
 
紳士の皆様でしたら、パーティーに参加したり、ハイクラスのレストランに行く時に、「ドレスコード」をしっかり確認して、その場にあった衣装を選択されてきたでしょう。
 
 
「もちろん!」と思われた方。
 
本当に「その場にあった衣装」でいいのでしょうか?
 
 
紳士たるもの、参加するパーティーやレストランの価値・格を上げてこそ、紳士としての存在感が増します。
 
 
「こういうレストランだったら、ああいう素敵な紳士がいるべきだよね。」と言われる衣装。
 
スタッフからも他のお客様からも、同じ空間にいることを喜んで頂ける衣装。
 
こちらの方が、断然、紳士として望むところではないでしょうか。
 
 
ぜひ、紳士の皆様には、「その場にあった衣装」ではなく「その場の価値を最大化する衣装」を身につけて頂きたいのです。
 
 
 
この考え方は、着物でも洋服でもかなり重要な考え方です。
 
特に着物の場合、これが抜けると「仮装」のようになってしまったり、「しかたなく着る」ものになってしまうので、絶対に忘れないで下さいね!
 
 
では、お待たせの「着物における、礼装・略礼装」について説明していきます。
 
 
礼装・略礼装が必要なのは、格式のある式典や冠婚葬祭の主賓・礼節を重んじるフォーマルな場です。
 
 
この時着る着物は、紋付の羽織と着物、袴となります。
 
ご自身の結婚式に和装したという方は、こちらを着られたのではないでしょうか。
 
 
男女共通しますが、着物の第一礼装は、必ず紋入りであることが第一条件なのです。
 
 
「紋」はご存知ですよね?
 
家紋。日本固有の紋章のこと。かつては家の象徴として1家に1つ家紋がありました。
 
 
↑こちらは徳川家の家紋
 
 
第一礼装の「黒紋付」と一般礼装の「色紋付」とがあり、「黒紋付」は、「黒紋付羽織袴」といわれ、表面が柔らかな黒地の着物と羽織に縞柄の袴のスタイルのことです。
 
「色紋付」は黒以外の着物と羽織、袴を履いたスタイルのことをいいます。
 
 
ちなみに、「黒紋付」を着る時は、足袋と羽織紐は白を着用するのがルールです。
 
色紋付の場合は、足袋は白が推奨され、羽織紐は着物の色に合わせて選びます。
 
 
 
礼装・略礼装に関しては、フォーマルな場だからこそ、全ての方が気持ちよく過ごせるように、上記ルールをしっかり踏まえて、着こなす必要があります。
 
 
ぜひ、和装でのフォーマルな場が求められた時は、上記参考に着物を選んで下さいね!
 
 
次回は、「男性の着物の種類 -外出着-」をお伝えします。
 
 

この投稿をシェアする


コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。